日本古来の風習だから

結婚するという事は自分たちだけの事では済まされないのです。結婚とは単に愛し合う男女が共に同じ屋根の下に住み、人生を共に歩んでいくと言うだけではないのです。結婚とは両家の先祖から脈々と続く血筋を継承すると言う意味合いがあるのです。これは日本古来からある結婚の考え方であり、こうした考え方にのっとって結婚すると子供を出産することが目標とされるのです。血筋の継承という事は日本で特に強く見られる風習なのです。それは日本古来から天皇家と言う血筋があり、この血筋は世界でも稀であり重大な文化と世界的にも認められているのです。そのため日本古来から特に日本人は一般市民レベルでも天皇家に倣って外国の血が家系に交わることを嫌い、風習にのっとって血筋を守り抜いてきたのです。そのため日本古来から結婚する前には両家全員が顔を合わせる結納と言う風習があるのです。日本古来の結納では両家全員が顔を合わせ、日本人以外の血筋はないか、不審な点はないか、きちんと子供を産み育てる母親としての適性があるかを見極めるものとして受け継がれてきたのです。どちらかと言うと女性側の家柄や血筋がおかしくはないかが見極められ、嫁として受け入れることが出来るかどうかが見極められるのです。嫁として嫁ぎ先で良く働き、丈夫で健康な子供を産み育てることができそうであると結納金として女性の家に金品が渡されるのです。しかしこうした風習は現代の結婚に不向きであると言わざるを得ません。血筋に拘る家系も少なくなり、外国人との結婚を歓迎する人も多くなっています。また必ずしも結婚したからと言って子供を産み育てようとする価値観のカップルばかりではありません。また共働き世帯が多くなり、夫にすべて経済的に依存しようと言う考えの女性も少なくなっており、まるで人身売買の様え男尊女卑的な結納の制度は現代社会にミスマッチであるとする考え方が根強くなっているのです。そのため現代では結婚するとしても両家揃って食事会はするものの結納や結納金を交わすことは少なくなっているのです。

「家」制度の事があったから

かつては、家制度と呼ばれる習慣が各地に・・・続きを見る

Copyright(c) 2015 今の結婚事情には「結納」は合わない All Rights Reserved.