「家」制度の事があったから

かつては、家制度と呼ばれる習慣が各地に根強いており、結婚の際には両家の結納を行うことが、一般的なこととされました。 こうした制度の役割に関しては、様々な方面から語られることがあり、現在においても一定の重きを置く人が少なくありません。 しかし、若者たちの間では、恋愛結婚が主流となっていることや、経済構造が大きく変化してきたことなどもあり、結納を省略するケースが目立っています。 結婚情報誌などには、結納を簡略化する方法や、オリジナリティのあふれる結婚のテクニックなどについて、多様な情報が掲載されており、結婚を間近に控える若者の良い情報源として取り扱われています。 家制度がなくなった現代社会における結婚の事情に関しては、複雑な問題が内在していることも事実として知られています。 結納を行うかどうかということは、両家の間でしっかりと話し合いをすることが良いとされ、後々のトラブルを未然に防ぐことがポイントです。

Copyright(c) 2015 今の結婚事情には「結納」は合わない All Rights Reserved.