面子の問題もあるかと

結婚をするにあたって、最近の傾向として結納を行わなという人たちが多くなってきました。その代わり、形式にとらわれない婚約食事会を行うカップルが増加しています。その背景として、堅苦しいしきたりは嫌だという声や花嫁道具を作ることができないので結納をしたくないという家庭事情があります。しかし、中には面子の問題で結納をしてほしいという声や一つの契約事として行ってほしいという声もあります。最近の傾向からすると、面子にこだわること自体あり得ない話なのかもしれません。しかし、親からしてみると親戚に結納品を見てもらいたい、きちんと結納をしてもらったということを言いたいと面子にこだわる傾向があるのではないでしょうか。最近では婚約食事会という場を設けて、和やかに両家の紹介をしたいと考えています。そのため、結納という形式は最近のカップルの結婚事情には合いにくいのではないでしょうか。結納より結婚食事会のほうが最近の主流となってきているのです。

Copyright(c) 2015 今の結婚事情には「結納」は合わない All Rights Reserved.