恋愛結婚なら不要と思う事が

昭和の半ばくらいの時代では、結婚と言えば、お見合い結婚が主流でした。自分で好きな人を見つけ、お付き合いをして、結婚に至る、恋愛結婚は、ごくごく少数だったのです。昔は、結婚をするために、まずは仲人さんを立てる、ということが当然の決まりとなっていました。結納を交わしたのち、結婚式を行い、その結婚披露宴では、高砂の新郎新婦の脇には仲人夫婦が座る、というのがごくごく当たり前だったのです。お見合い結婚の時はもちろん、恋愛結婚の場合でも、学生時代の恩師や、会社の上司といった、身近な方を仲人として立てるのが当たり前でした。しかし、高度成長期をきっかけとして、ライフスタイルが変わったこともあって、恋愛結婚の比率がどんどん高くなり、お見合い結婚との比率が逆転をすることになりました。さらに平成も20年以上経った現在においては、結婚をするカップルのうち、恋愛結婚したカップルがほとんどを占めているのは、結婚した周辺の方々のことを思い浮かべてみると、明白ではないかと思います。実際に、結婚について、国が定期的に調査を行っていて、出会ったきっかけや、結婚の年齢、結婚への意識など、細かく調べています。その、国が行った最新の結婚に関する調査によりますと、恋愛で結婚したカップルは約90パーセント、お見合いで成婚したカップルは約5パーセントと、全体の1割にも満たない状況になっています。お見合いでの結婚ではない方が、仲人を立てることも少なくなってきています。仲人自体も不要としている方が多いです。また、結納も不要だと考えるカップルも多くなってきているようです。結納は、結納金や、縁起の良い品物を男性から女性に贈る、日本に古くから伝わる、結婚の約束のために行う儀式です。しかし、結納という考えは、親が取り決めた結婚のためのものですから、恋愛結婚がほとんどの、現在の結婚事情にはもう合わなくなってきており、不要としているカップルも多いです。

当人同士だけで済む話

結納は結婚をする両家を結びつける儀式として昔から・・・続きを見る

Copyright(c) 2015 今の結婚事情には「結納」は合わない All Rights Reserved.