結納はお見合い結婚のなごり

結納はお見合い結婚のなごりと言われています。これはなぜかというと、はるか昔にお互いの顔を事前に確認することもなくお見合い結婚していた時代からの風習だったからです。 結納は1400年も前からあった制度です。日本書紀の中で、仁徳天皇の皇太子が羽田矢代宿禰の娘を妃に迎えた時に、絹織物や酒などの品を贈ったという記述があり、これが結納の起源と言われています。それから室町時代になると、平安時代のどちらかというと女性方の方に男性が嫁ぐ形式だった妻問い婚から、女性が男性方の方に嫁ぐ嫁取り婚へと変化していきます。その中で武家礼法の諸流派である小笠原家などによって、結納の作法が確立されました。この作法は中国の婚礼制度がもとになっています。そして江戸時代になると、公家や武家だけでなく裕福な商人や農家なども結納を行うようになりました。それから明治時代になって、ようやく一般庶民にまでこの制度は行き渡りました。このように結納と言う制度は、公家から武士、裕福な商人そして一般庶民へと時代とともに広がっていったのです。 この嫁をもらう代わりに男性方が女性方に物や金品を贈る風習は、世界中で行われてきました。そのスタイルは売買婚ともいわれ、今の日本の現代社会から考えると少し時代錯誤なものになってきてしまった感は否めません。それに今の日本では、お見合いより恋愛結婚が主流となってきています。確かに古くからの伝統を守るということも大事なことではあるのですが、今は家同士というよりは本人同士の結びつきの方が何よりも重要になってきています。それを表すかのように、結納を行うカップルの割合も全体の2割から3割程度になってきています。もっとも新郎側が婚約指輪を購入しているケースは、それが結局代用品になっているという部分もあります。しかし今の時代、そしてこれからの時代に向けて、家の結びつきに重きをおく結納という制度は、ますます合わなくなっていくのではないでしょうか。

形式だけでも行いたいようだが

結納とは正式に婚約を調える儀式のことで・・・続きを見る

Copyright(c) 2015 今の結婚事情には「結納」は合わない All Rights Reserved.