形式だけでも行いたいようだが

結納とは正式に婚約を調える儀式のことで、結納をするには新郎側が娘をもらいますという意味合いを持つ、結納金を準備し、新婦側に結納金を納めます。新婦側もお願いしますという意味を込め、結納金の約半額分の品物を新郎側に納めます。これがおもな結納の運びとなり、婚約が成立するものです。昔はお見合いをして、家と家の結婚という意識が強い傾向であったため、結納を行うことが当然のように執り行われていました。現代では、多くのカップルが恋愛ののち結婚をするのがほとんどであるため、結納をするケースも減ってきている傾向にあります。最近では、結納の代わりに一つの形式として、顔合わせ食事会といい、結納品は用意せずに婚約指輪などの記念品を交換するケースが多いです。特に決まった流れや儀式性は無く、食事をして両家の親睦を深める意味合いが強いです。婚約のかたちも昔ながらの形式にこだわらずに二人の結婚のかたちに合うように行い、家族に互いを紹介するのが現代の婚約の形式であるといえます。

Copyright(c) 2015 今の結婚事情には「結納」は合わない All Rights Reserved.